税理士が独立して開業するまでの工程を解説

独立して税理士事務所を開業するためには

事務所を選ぶ際のポイント

どのような事務所にしたいのかを考える

開業時の事務所として一番安易なのは自宅の一部を利用することかもしれません。
しかしそうなると場所が限定されてしまいますので、どうしても顧客の種類が偏ってしまうことが考えられます。

自宅を利用すれば開業時の経費をかなり抑えることができますが、自宅で開業することは税理士としての意気込みを過小評価されてしまうこともあるらしく新規の顧客開拓の足かせとなってしまうこともあるでしょう。
賃貸の事務所の場合はそれなりの立地条件が望めると思いますが、賃貸契約を結ぶ際には敷金や礼金、仲介手数料などが必要になることから開業時の初期費用がかさんでしまうというデメリットがあります。
そこで最近注目を集めているのは、レンタルオフィスを利用して開業するという方法です。
レンタルオフィスが存在しているのは一等地であることが多いので、法人のクライアントに対しても適していると言えそうです。

土地柄をリサーチをする必要性

活動の拠点となる事務所の場所を決める際には、これから新事務所を開業しようとしている地域の現状についてしっかりとリサーチした上で決定することをおすすめします。
現在、社会全体の税理士の数は右肩上がりに増え続けているといいます。
開業しようとしている地域に競合するような税理士事務所はないか、その地域のクライアントが税理士に求めることが何かということが分かってくれば自分の得意分野と照らし合わせることができるのです。

会社がほとんどないような住宅街の一角に自宅兼事務所を構えたとすると、法人の大口顧客を獲得できる可能性は限りなくゼロに近く不利な状態だと言えるでしょう。
しかし逆に拡大傾向にあるという相続問題を得意とする税理士であるなら、庶民的で親身になって相談に応じてくれる誠実な対応が評価されて、口コミで人気が広まっていくことも考えられるのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る