税理士が独立して開業するまでの工程を解説

独立して税理士事務所を開業するためには

なぜ税理士は独立した方がいいのか

開業して経営者となる心得

独立して開業することになっても、ほとんどの場合はそれまで担当していたクライアントを引き継ぐことはできないといいます。
つまり自分の事務所を立ち上げるのであれば、クライアントを新しく開拓していかなければならないというわけです。
自分の抱いている目標を実現させることも重要なことですが、経営者である以上理想ばかりを追求する訳にもいかず時には厳しい現実に目を向けることも必要です。
顧客獲得状況がそのまま事務所の収入を左右することになってしまうので、営業活動が得意であってもそうでなくても自分にあった方法を見つけて顧客にアプローチしなければなりません。

事務所を盛り立てるための経営者としての経験はクライアントに対する理解を深めることにもなりますから、常に自分自身を研鑽していく覚悟があれば自ずと道は開けていくものかもしれません。

独立して開業する際の流れ

税理士試験に合格した人の多くは、まずどこかの事務所に勤務して経験を積んでいることと思います。
税理士を目指すようになった時からいずれは独立することを考えていたとしても、資格を取ってすぐに開業することはあまり得策とは言えないからです。

いくら資格を取得するための実務経験が必要だと言っても、たかだか2年の実務経験を積んだだけではまだ十分な経験ができたとは言えません。
勤務税理士として様々なケースをこなしていく時間は、自分の得意とするジャンルを見つけ出し独立して事務所を構えた際の強みとなるような方向性を模索する期間だと考えるといいでしょう。

そしてたくさんいる税理士の中から自分を選んでもらうために何ができるのか、付加価値をつける術を身に付けてからの開業をおすすめします。


この記事をシェアする
TOPへ戻る