税理士が独立して開業するまでの工程を解説

独立して税理士事務所を開業するためには

なぜ税理士は独立した方がいいのか

税理士が独立開業を決意してから実行に移すまでには、短くても半年か余裕を見て1年間の準備期間が必要だと言われています。 その準備期間の間にやっておきたいこととは一体どのようなことなのでしょうか? インターネットや本を見て調べたり、同業者の体験談を参考にしながら準備をすすめるといいようです。

事前に独立するためのノウハウを調べることが大切

勤務税理士と開業税理士との違いは、どのような点にあるのでしょうか?
事務所に所属していれば営業担当者が取ってきた依頼をこなすだけで、安定した賃金を得ることができます。
その安定性は勤務税理士のメリットと言えますが、開業税理士なら努力次第でいくらでも収入を増やすことが可能で、しかも定年という縛りがなくずっと仕事を続けていくことができるという大きなメリットがあるのです。
中には個人事務所だから24時間仕事から解放されることが無いという悩みを抱えている経営者もいるようですが、仕事とプライベートの時間をしっかりと区別して自由な時間を確保しながら生活の質を上げたいと考えている人にとって、独立開業することは大きな意味を持つことになるでしょう。
またあまり好ましくない依頼の場合には無理やり受ける必要がなくなるということもメリットのひとつだと考えられます。
勤務税理士であればクライアントを選ぶことはできないものですが、個人事務所である程度経営状態が安定しているのなら依頼の内容をみてクライアントを選び効率的に仕事をこなすという選択もできます。

一見するといいことばかりが目に付く開業税理士ですが、個人で開業する以上経営者の手腕が問われるということも忘れてはいけません。
放っておいても仕事が舞い込んできた時代とは違って、今は事務所にとって営業という業務が必要不可欠な時代となりました。
コミュニケーション能力に長け、営業のセンスにあふれているような人ならいざ知らず、内向的なタイプだからと営業活動をおろそかにしているようでは事務所を存続させることが難しくなってしまうのです。

事務所を選ぶ際のポイント

税理士事務所を開業する際には、活動の拠点となる場所を決めて最寄りの税理士会に登録をする必要があります。 開業する際には自宅を利用する場合とレンタルオフィスを利用する場合、さらには貸事務所を借りて営業する場合などがあるようです。 ここからは、それぞれの特徴について探ってみましょう。

独立を考えた時に必要になる費用とは

税理士は50万円~150万円ほどの費用があれば独立開業することができるといいます。 ただしホームページ制作を外部に委託したり、備品にこだわったりすれば必然的に費用はかさんでしまいますので、この金額内で開業しようと思ったら節約するための工夫も必要です。

TOPへ戻る